海浜幕張駅の謎ダイヤ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018/3/17(土)にダイヤ改正が行われましたが、ずっと残る海浜幕張に関する謎ダイヤがあります。

海浜幕張始発の新習志野行き

たった1駅間の運用です。この列車の需要はそこまでありません。この運用は主に休日に設定されておりおそらく列車の交換のために設定されていると思われますが、営業運転せずとも回送にすればよいかと思います。

快速列車の後に設定されていればまだ意味のある列車ではありますが、実際にはそんな事は考慮されていません。各駅停車の東京行きの後に設定されています。正直誰をターゲットとした設定なのか謎です。

ちなみに逆の新習志野始発の海浜幕張行きは設定されていません。京葉車両センターから出庫した列車は海浜幕張まで回送されます。




しもうさ号は片乗り入れ

もう一つ謎なのはしもうさ号です。大宮~武蔵野線経由~最長海浜幕張間を運転している列車ですが、大宮駅から海浜幕張駅まで乗り入れる列車はありますが逆に海浜幕張始発のしもうさ号は設定されていません。

↑朝に運転されているしもうさ号海浜幕張行きの方向幕

つまり運転範囲は以下となります。

大宮→西船橋or新習志野or海浜幕張

新習志野or西船橋→大宮

海浜幕張駅からの需要があるかといえば微妙なところです。しもうさ号の利点とすれば、新幹線や高崎線・宇都宮線の乗り換えです。京葉線の東京駅では乗り換えに歩く事を考えれば大宮のほうがかなり便利です。

千葉市はずっと武蔵野線の乗り入れを海浜幕張より先の区間の乗り入れを求めていますが、しもうさ号についても乗り入れ区間の拡大を求めたら良いかと思います。現実的には一日数本しか運転されていないしもうさ号こそ現実的に乗り入れ区間を拡大できるのではないかと思います。

特急は一部停車だが通勤快速は通過

上位の優等列車が停車して下位の優等列車が通過という例は他にもあります。海浜幕張の特急停車は上りは11時台から終日、下りは朝~15時台のわかしお号が停車しますが平日の朝上りと夕方下りに運転される通勤快速は通過します。そろそろ通勤快速停車駅は見直すべきだと思います。特に夕方下りにの通勤快速については利用者が多くない(逆にその前後の列車が混雑する)ので快速に格下げするか利用者の多い新浦安・海浜幕張ぐらいを停車駅とすれば良いかと思います。

スポンサーリンク
テキスト広告等ディスプレイ広告(大)
テキスト広告等ディスプレイ広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テキスト広告等ディスプレイ広告(大)